トップ › ご挨拶

ご挨拶

ケイ・エム・エルジャパン株式会社は1985年、企業力特に営業力を強化するためのコンサルティングとこれを支援するITシステム の企画・設計を企業活動のコアと位置付けてスタートしました。設立以来、『お客様第一主義』を掲げております。

と申しますのは、ビジネスとはまずはお客様(企業)があって、そのお客様がどんな課題や問題を 抱えておられるのか、その原因は何で、最も適切な対応策は何かを追及し、提案することにこそ、ビジネスの基本があるとの認識です。

俗に言う、儲かる仕事とは?との発想からは、真のお客様の課題や問題点を 探り当てることは出来ず、うわべだけの現象を課題、問題点ととらえ、単なるその場かぎりの対応策しか考察出来得ないと言う考えです。

お客様の根底にある課題、問題点をお客様とともにしっかりと認識、把握、共有することこそ、
真のコンサルティングの基本であるとの想いから『お客様第一主義』を企業理念としております。 お客様という存在があるからこそ、仲間であるスタッフがあり、それを支える家族があり、そして企業をささえる株主がいるとの理解です。
つまり、お客様無くしてビジネス無しとの立ち位置(スタンス)なのです。

私たちKMLジャパンは、企業とITシステムの医師団であるという自覚に立脚し、中立かつ客観的に企業活動とこれを支援するITシステムの最適化を目指して、活動しております。

代表取締役社長 黒木 敏道